クリスマスのダンスで高齢者向きを紹介!レクやゲームで喜ばれるものは?

年末は高齢者施設も大忙しです。
介護士も当然忙しいので、レクリエーションはできるだけ簡単なものにしましょう。
特に、お年寄りにとっても簡単な物の方がルールも把握しやすいので、複雑なものは避けましょう。

100均などで買えるサンタ帽の中にプレゼントを隠して中身を当ててもらうなど、簡単でみんなで楽しめるものにしましょう。プレゼントを直接貰うとなると遠慮してしまう人もいますが、レクリエーションの景品であれば気兼ねなく受け取ってもらえる利点もあります。

また、クリスマスソングの合唱などは、歌うことが苦手な人には苦痛です。
できるだけ合唱など、みんなで1つのチームとして扱う催しは避けましょう。
あくまで個人プレーで楽しめるレクリエーションが望ましいです。

スポンサーリンク

クリスマスのダンスで高齢者でも簡単に出来るものは?

一口に高齢者と言っても色々な方がいます。
足腰が元気で動き回れる人や、杖が無ければ歩けない人、車いすを使っている人もいます。
そのような環境でダンスをさせるのは、あまりにも配慮に欠けています。

職員がサンタやトナカイのコスプレをして踊って手拍子などで盛り上がってもらうのなら良いでしょう。
しかし、お年寄りに踊らせるのは難しいです。
ダンスというのはかなり体力を使うので、お年寄りには向いていません。

どうしてもダンス以外の出し物が思い付かないのであれば、椅子に座ったままできるものを選びましょう。
手だけの振り付けであれば、足が弱くなって来た方でも踊ることができます。
その場合も、関節が痛いなどの問題があればすぐにやめさせるようにしましょう。

クリスマスに高齢者がレクリエーションを楽しむならコレが鉄板!

クリスマスのレクリエーションは、介護士がお年寄りを楽しませるケースが多いです。
ハンドベルの演奏や合唱などをお年寄りに聞かせることで楽しんでもらう施設が多いです。
他にも、子供会に協力をしてもらって一緒に遊ぶなどのパターンもあります。

クリスマスはとても楽しく盛り上がる行事なのでお年寄りにも楽しんで欲しいものですが、激しい動きをさせる訳にはいきません。
その為、介護士によるハンドベル演奏の補助などが定番となっています。

また、高齢者施設のレクリエーションと言えば合唱です。
しかし、歌うことが苦手な方や恥ずかしがりな方もいるので、合唱はあまり良くありません。
特に合唱と言うのはみんなで1つのチームになるものなので、そこで失敗することを怖がってしまう人もいます。

私の曾祖父も高齢者施設に入居していましたが、合唱などをみんなでやることをとても嫌がっていました。
「失敗すると恥ずかしい」「1人だけ間違えてみんなに笑われたくない」と、よく言っていました。
ですから、できるだけ合唱などの「みんなで1つのことをする」というのは避けましょう。

チームを組ませたりするのではなく、クイズ大会など個人プレーで楽しめるものにしましょう。
チームを組ませない、失敗しても大丈夫な雰囲気を作る。
それだけで、レクリエーションへの満足度は大きく上がります。

スポンサーリンク

クリスマスに高齢者とゲームで盛り上がるならコレ!

高齢者に楽しんでもらうなら、あまり激しい動きをしないゲームの提案が大切です。
クリスマスのムードも大切にしたいので、飾り付けやスタッフの格好などで盛り上げましょう。
スタッフがサンタの格好をするだけでも、施設内に笑顔が溢れますよ。

・ボール転がし

クリスマスツリーの飾りには赤や金などのボールがあります。
これをモチーフにしたボールを転がしてもらって、得点を競いましょう。
床に緑のテープでクリスマスツリーを模した三角形を描いて、真ん中で止まった人は5点などのルールを決めます。

遠くに転がした人が1番、では面白味がありません。
床に描いたツリーをキレイに飾れるように転がしてもらいましょう。

・プレゼント探し

認知能力の高い方や脳トレにおすすめのゲームです。
プレゼントを施設のどこかに隠しておいて、隠し場所のヒントを読み上げます。
例えば「今年で80歳になる方のベッド」などの簡単なヒントです。
実際に取りに行かせるのは大変なので、口頭で答えてもらいましょう。

・来年の抱負はなぁに?

高齢者になると、日々の目標が無いと言う方も多くいます。
そういった方の為に、来年の抱負を聞いてみましょう。
クリスマスはちょうど年末なので、皆さんで考える良い機会になります。

目標を必ず叶える必要はありません。
しかし、利用者の方の目標や楽しみを知っておけば、今後より良い介護ができるようになります。

クリスマス高齢者のゲームまとめ

いかがでしたか?
高齢者施設とクリスマスは無縁そうですが、実は大事な行事です。
子供や若者のような盛り上がり方はできませんが、楽しいクリスマスを過ごしてもらいましょう。
それでは、今回のおさらいです。

・レクリエーションやゲームのルールは簡単で分かりやすいものを選ぶ
・ダンスは高齢者には難しいこともあるので、激しい動きをさせないこと
・合唱やチーム対決などは苦手な人もいるので無理強いしない
・スタッフがサンタの格好をするなどして盛り上げよう
・年末であることを意識したレクリエーションもおすすめ

の5つです。

介護士や利用者のことは好きでも、レクリエーションなどでみんなと一緒に何かをするのが苦手な人もいます。

そういったことが苦手なお年寄りは少なくありません。
「みんなでやれば楽しいよ!」という考えが苦手な人もいるので、決して押し付けないようにしましょう。

よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。