クリスマスプレゼントは赤ちゃんに絵本を贈ろう!選び方と読み聞かせにおすすめを紹介

こんにちは、管理人のあおいです。

 今年のクリスマスに、赤ちゃんの絵本を贈りたいと考えている方も多いのではないでしょうか?
どうせあげるのなら、赤ちゃんが興味を示してくれたり喜んでくれる絵本を選びたいものですよね。

 赤ちゃんに絵本を選ぶ時に意識したい事や、どんな物を選べば良いのか説明していこうと思います。
更に、赤ちゃんに贈る絵本の定番で、人気のある物をいくつか紹介してみますね。

スポンサーリンク
  

クリスマスプレゼントは赤ちゃんに絵本を贈るのはいかが?

 小さな赤ちゃんがいるご家庭や、身近に赤ちゃんがいる方で、今年のクリスマスプレゼントに絵本を贈ろうと考えている方も多いのではないでしょうか?

 とは言え、まだ小さい赤ちゃんだから絵本を読んでも意味が分からないし。買ってもあまり意味がないのかも、、、と思っていませんか?
そんな事はありませんよ。きちんと赤ちゃんの月齢に合わせた絵本を選んであげれば、大丈夫です。
ストーリー性があって長い文章の物や、細かい絵の物を選んでしまうと、まだ赤ちゃんには難しいかもしれないので注意して下さいね。

 絵本は数えきれないくらい沢山の種類があります。
クリスマスプレゼントとして、我が子に初めての絵本を選ぶという過程自体もウキウキと楽しんで出来ると理想的ですよね。
本屋さんで沢山並ぶ絵本を1冊1冊覗いてみるのも、手間はかかりますが実際に自分で見て触れて選べるので納得の物が見つかります。

 我が家では、パパとママが別々に1冊づつ絵本を選んで購入しました。
赤ちゃんに渡すクリスマス当日までは、どんな絵本を購入したのかを、お互いに内緒にしていました。
パパがどんな本を選んでくるのか楽しみでしたし、実際お互いの選んだ本を見せ合って盛り上がったのも覚えています。
赤ちゃんの為に選ぶ本ではありますが、それを購入する過程もイベント的に楽しんでしまうのもクリスマスらしくてお勧めですよ。

赤ちゃんの絵本は選び方も重要

まず、絵本選びを始める前に知っておきたい事をご説明します。
 
 生まれたばかりの赤ちゃんは(0歳)は、耳は聞こえているのですが、言葉はまだ理解できていないという事。
そして、まだ視力は発達していないので、周りの世界がぼんやりとしか見えていないという事です。

新生児の頃の視力は0.01~0.02ぐらいと言われていて、色は黒、白、グレーといった明暗が分かるくらいで色は認識出来ていません。
成長に伴い、人の顔や色や形なども認識出来る様になっていきます。

以上の事から、赤ちゃんの視力や脳の発達から考えてみると、絵本選びのポイントが分かってきます。

・絵は大きくはっきりと描かれている
・色が鮮やかで原色のもの
・擬音語や簡単なことばが繰り返し使われていて、リズミカルな響きのもの

こんな感じの絵本がおすすめですね。

赤ちゃんに認識しやすい様に、絵がはっきりと大きく描かれているもの、擬音語やリズム感の良いことばは興味を引きやすいです。
「じゃぶじゃぶ」「がたんごとん」「ぎゅっ!ぎゅっ!ぎゅっ!」など良いかと思います。

 意外に重要なのは絵本の紙質です。
赤ちゃんは何でも口に入れて確かめてみる時期ですので、絵本もなめてボロボロにされてしまう事も多々あります。
薄い紙だと、指や舌を傷つけてしまう場合もありますので、小さいうちはあまりおすすめ出来ません。

厚紙などのしっかりした素材で作られている絵本が一番良いと思います。
きちんとポイントを押さえて、あかちゃんのお気に入りになる1冊を選んであげましょう。

絵本関連の記事はこちら☆

クリスマスプレゼントは子供に絵本を!読み聞かせ効果は?寝かしつけの方法もご紹介。

2歳のクリスマスプレゼントでおもちゃ以外ならおすすめは?絵本を作ろう!

赤ちゃんの絵本で読み聞かせにおすすめの物をご紹介

では、実際に赤ちゃんに贈るのにおすすめ出来る絵本を紹介してみます。

スポンサーリンク

・「いないいないばぁ」
文: 松谷 みよ子 絵: 瀬川 康男
出版社: 童心社

「いない いない ばあ」「にゃあにゃが ほらほら いない いない…」
ページをめくれば、おめめぱっちりのにゃあにゃが「ばあ」。
次はくまさんが、ネズミさんが、キツネさんも。
そして最後にはのんちゃんも「いない いない ばあ。」

絵本を読み進めるたびに、あかちゃんがわらってくれます。
その安定した笑顔の繰り返しがこの絵本の一番の魅力です。
楽しく「いないいないばぁ!」と、読んであげて下さいね☆

【全商品17倍】【メール便対応】 絵本 いない いない ばぁ【あす楽対応】【ナチュラルリビング】

・「しましまぐるぐる」(いっしょにあそぼ)
文:柏原晃夫
出版社:学研プラス

 あかちゃんが注目する黒を中心に、2ヶ月児でも見やすいコントラストの強い配色にデザインしたベビーブック。
あかちゃんが生まれながらに反応する『顔』や、反応のいいとされる『しましま』と『ぐるぐる』がいっぱいのかわいくてきれいな絵本。

 この本は実際に私も購入して子供に読ませました。
中はとてもカラフルでかわいいイラストが描かれていましたよ。
赤ちゃんが夢中になるなんて…と、半信半疑で生後2ヶ月の息子に読み聞かせたところ、夢中で見ていました!!
どのページも目を輝かせて見ていましたよ。この絵本も赤ちゃんに凄くおすすめです。

しましまぐるぐる (いっしょにあそぼ) [ 柏原晃夫 ]

 実際に本屋でゆっくり絵本選びが出来ない方には、「絵本ナビ」という絵本専門の通販サイトがかなりお勧め出来ますよ。
0歳~12歳までの各年齢別にお勧めの絵本が沢山紹介してあります。
説明文だけでなく、種類によっては試し読みが出来る物もありますので安心して選ぶ事が可能です。
とにかく、沢山の素敵な絵本が紹介されていてサイト内でも絵本が探しやすい作りになっているので凄く便利です!

ギフト用に厳選して選んだ絵本セット等も販売しているので、贈り物として購入するのにも良いと思います。
もし、絵本選びに困った際には見て損の無いサイトですよ♪

クリスマス関連の記事はこちら☆

悲劇!子供にクリスマスプレゼントで喜ぶ訳無い物をあげたら白目でフリーズした件。

ママ友とクリスマス会でプレゼント交換!赤ちゃんに1000円予算でお勧めは?アンパンマンはあり?

クリスマスのプレゼント交換でママ友に1000円で喜ぶ物を選ぶコツ

クリスマスプレゼントは子供に何個?サンタと親は別?祖父母は孫に贈りたいもの

クリスマスプレゼントで子供にサプライズ!サンタを親が演出する渡し方

まとめ

 今回は、クリスマスプレゼントに赤ちゃんに絵本を贈りたい方向けに、選び方やお勧めの絵本を紹介してみました。
いかがでしたか?ぜひ参考にしてみて下さい!素敵な絵本にめぐりあえる事をお祈りしております。

よろしければポチッとお願いします(^_^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。