ダブルブッキング謝り方の友達編 ドタキャンで遊び断る理由は当日なら!?

皆さんは、ダブルブッキングをしたことはありますか?

自分の予定ぐらい、キチンと管理できる大人でなければいけません。

しかし、人間と言うのはミスする生き物です。

一度ぐらい、ダブルブッキングをやらかしたことのある人もいると思います。

そして、その時友達にはどう謝りましたか?

ダブルブッキングに限らず、人との約束は大事にしましょうね。

スポンサーリンク

ダブルブッキングの謝り方 友達を不快にさせない為に注意する事

ダブルブッキングの謝り方の基本は、正直に理由を伝えることです。

友達二組と約束が被ってしまった場合など、正直に言っていいか悩んでしまいますよね。

それと、相手はあなたと遊ぶことを予定に組み込んでいます。

その計画を崩してしまうと、一日が台無しですよね。

ドタキャンは絶対にしないで、数日前に謝っておきましょう。

ダブルブッキングですが、先に約束した方を優先して、断る方には必ず正直に理由を話しましょう。

もしも「仕事がある」「具合が悪い」なんてウソをついてしまったら、ずっとそのことで悩むハメになりますよ。

それに、もしあなたが同じ立場だったらどうですか?

「具合が悪いから今日は遊べない」と言われたら、心配ですよね?

それに、そのあと本当は元気に他の友達と遊んでいたと知ったら?

…きっと、嫌な気持ちになりますよね。

ウソをつきたい程嫌われているのかな、なんて心配になりますよね。

次から遊ぶ時も「またドタキャンされるのかな」とか、疑ってしまいますよね。

正直に「ごめん、他の人と約束が被った」と謝ってもらえる方が、よっぽど気持ちが良いです。

それに、素直に話してもらえれば「まあ仕方ないよね、また今度!」という気持ちになります。

今度会う時にお昼ご飯でも奢るぐらいの気持ちで、素直に「ごめん!」と言いましょう。

ドタキャン謝り方は友達でも誠実さを!

親しき中にも礼儀あり。

昔の人は、良いことを言いますね。

どんなに親しい友人でも、誠実さが無ければ付き合っていくことはできません。

断る理由を素直に話して謝ってくれる友達。

ウソをついて断って悪びれもしない友達。

皆さんは、どっちとお付き合いを続けたいですか?

当然、素直に謝ってくれる友達ですよね。

友達だからといってウソをついて良い、ふざけた態度をして良いのは、小学生までです。

皆さんは、もう立派な大人のはずです。

友達でも何でも、ウソや言い訳をせず素直に謙虚に付き合う。

それが、友達を愛する、リスペクトするという意味なんです。

友達だからウソをついて良い、謝らなくて良い。

もしそんな考えがあるとしたら、今すぐ捨てて生まれ変わりましょう。

きっと、そう遠くないうちに見放されて一人ぼっちになりますよ。

スポンサーリンク

遊びを断る理由を当日伝えるなら、、、

あまりあってはいけないことですが、当日まで言い出せないこともありますよね。

本当なら、数日前に伝えなければいけません。

だって、相手はあなたと遊ぶことを前提に予定を組んでいます。

当日の朝いきなり予定がぽっかり空いたら、誰だって困りますよね?

体調不良は仕方がありませんが、他の理由は多少でも相手を傷付け怒らせてしまいます。

また、大人になるとお店を予約していることもありますよね。

その場合のキャンセル料については、必ず謝りましょう。

次に会う時に、キャンセル料を払いましょう。

そうでないと、本当に嫌われてしまいますよ。

当日伝える場合ですが、約束の時間の3時間前には断りの連絡を入れましょう。

相手は待ち合わせに間に合うよう、朝からキッチリ準備をしています。

もし家を出てから「ごめん、今日は無理」なんて連絡が入ったらどうですか?

女性の場合は特に、お化粧なんかの手間もあります。

あなたがもっと早く断っておけば、面倒な化粧もせず一日家でゴロゴロできたかも知れないんです。

ドタキャンは、本当に迷惑な行為です。

厳しい人であれば、一度のドタキャンでも相手に不信感を抱き友人関係を切ることもあります。

ドタキャンをしない為に、約束をする前に「本当に都合をつけられるかどうか」一度考えてみるクセをつけましょう。

また、ドタキャンをしてしまったあとは必ず改めて謝罪の連絡をしましょう。

怒られるのは当たり前ですが、誠意を伝えることはできます。

友達といい関係を続ける為にも、マナーを弁えましょうね。

ダブルブッキングの誤り方は友達なら?まとめ

ダブルブッキングドタキャンも、友人からの信頼を失う大きな問題です。

大人なんだから、キチンと責任感を持って行動しましょう。

それでは、今回のおさらいです。

・ダブルブッキングは素直に理由を伝えること

・例え友達でも、正直に謙虚に付き合うこと

・ドタキャンは絶対にしないこと、どうしてもの場合は待ち合わせの3時間前までには連絡する

・ドタキャンした場合、キャンセル料などは自分が負担すること

・ドタキャンをしたあと、必ず謝罪の連絡をすること

の5つですね。

最近では、友達のことをちゃんと考えずに軽率にドタキャンをする人が多いです。

電話だけでなくメールやSNSが発達したので、人づきあいが薄く、軽々しくなっています。

友人との関係を大切に、ドタキャンなどをしないよう気を付けましょう。

また、守れない約束はしないというのも、責任です。

責任感を持って行動することを、何より大事にしましょう。

よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。