夏休み旅行にはとバスで日帰りツアーが熱い!金額も安いし参加必須!

こんにちは、管理人のあおいなぎさです。
夏休み旅行に、はとバスで日帰りツアーが熱いです!!
都内観光コースプレミアムバスコースが人気で、すごくオススメですよ。
金額も安価で満足度も高いはとバスツアーの詳細に迫ります♪

スポンサーリンク

夏休み旅行で日帰りツアー!おすすめのプランとは!?

せっかく日帰り旅行に行くなら「はとバス」で行きましょう!!
70周年を迎える「はとバス」は、記念ツアーが目白押しです。
特におすすめの「はとバスツアー」70周年記念 東京観光コースをご紹介しますね!!

おすすめの「はとバスツアー」70周年記念 東京観光コース!!

1.東京百景 陸から(東京の街を楽しむコース)

このプランは、浅草・雷門、お台場、東京タワーという東京の観光名所を楽しむプランとなっています。
このコースの良いところは、東京の街の魅力を凝縮して観光できるところです。バスから眺めるだけではなく、それぞれ20分ほど撮影時間を設けていて、実際に降りて街の雰囲気を感じることができます。また、東京タワーでは、撮影時間とショッピングの時間が設けられていて、お土産選びも楽しめそうです。

*こちらのコースでは、東京タワー展望台への入場はありません。

2.東京百景 海から(東京湾を楽しむコース)

こちらのコースでは、皇居前広場の散策で趣のある東京を感じることができたり、東京湾クルーズでは、海から東京の街並みを楽しむことができます。また、入場料や見学料などは、コース料金に含まれているので、気にせず安心して東京観光を楽しむことができます。

3.東京百景 空から(東京タワーを楽しむコース)

夜のお台場と東京タワーを巡るコースです。お台場では、実際にバスから降りてレインボーブリッジなどの夜景を楽しむことができます。撮影時間が設けられているので、東京の夜景とともに記念撮影なんて素敵ですよね。こちらのプランでは、東京タワーのメインデッキの入場チケットがついているので、東京タワーからの夜景もたっぷり楽しめます。

今回ご紹介した「はとバスツアー」70周年記念の東京観光コースは、3種類のコースがあり、それぞれ3時間で東京のいろいろな魅力にふれることができます。
移動には、屋根付きの2階建てバスを使うので、景色もたっぷり楽しめます。

でも、せっかくの夏休み、もう少し予算やスケジュールに余裕のある方は、最上級バス「ピアニシモⅢ」で行く豪華な旅や、もう少しカジュアルに楽しみたい方は、プレミアムバス「レガード」での日帰りツアーを検討してみるのもいいかもしれません。

「ピアニシモⅢ」は、全席24席「レガート」は、全席36席とどちらもゆったりとした仕様になっています。お化粧室がついているのもおすすめなポイントです。

スポンサーリンク

「ピアニシモⅢ」では、「はとバス」おすすめの宿泊コースや、食や雰囲気にこだわった日帰りのコースなどがあり、豪華な旅が楽しめそうです。
「レガート」は、「ピアニシモⅢ」に比べると少しカジュアルな雰囲気で特別なコースが楽しめます。日帰りコースや宿泊コースともに、果物狩りやバイキング高原を味わうコースなどがあり、自然と食を楽しむコースが充実しています。

両方とも東京以外の観光プランとなっています。
それぞれの予算や日程にあわせて、お得な「はとバスツアー」のプランを満喫してくださいね!!

*時季によって、変更になっている場合があります。
金額やプランなど十分に確認してから予約してくださいね。

スポンサーリンク

夏休み旅行にかかる金額!?気になる相場を徹底解説

夏休みにみんなが旅行にかける費用は、行きたいところや計画によって様々だと思います。
場所にもよりますが7月・8月の格安の飛行機代金で一人30000円から40000円の交通費がかかります。ベストシーズンなため普段の時季よりも高くなっているからです。

「はとバスツアー」でも、プランによって費用はさまざまですが、ご紹介した70周年記念の東京観光コース(70周年スペシャルコース)では、お得なプランということもあって、大人一人あたり4000円以内で東京観光を楽しめます。3時間で巡るコースなので、時間にも費用にも余裕を持つことができます。

余ったお金で、お友達とのんびりお買い物したり、カフェでスィーツを食べたり、リッチにホテルでディナーなんてできちゃうかもしれませんよね!?

夏休み旅行はとバスツアーで日帰りプランまとめ

いかがだったでしょうか?
この他にも「はとバスツアー」には、お得なプランがたくさんあります。お気に入りのプランを見つけて、ぜひ、お友達や家族と夏休みの日帰り旅行楽しんできてくださいね!!

よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。