エアコン洗浄スプレーで正しい掃除のやり方とは? 業者に頼むべきか

本日は、エアコン洗浄スプレーを使って、自宅でお掃除する方法について解説していきます。
そもそも自分でやるか業者に依頼するのとどちらが良いのか比較してみました。
夏前にお困りの方は必読ですよ~♪

スポンサーリンク

エアコンの掃除はスプレーを使って自分でやってみよう

梅雨間近、そろそろ暑くなってきて、いざエアコンの掃除しなきゃ!と思っても、面倒臭くて後回しにししてしまいがち。クリーニング専門業者に依頼すると高いし、数万円かかることも!しかも、いざ依頼すると、順番待ちですぐに対応してくれないことも。そんな時は、とりあえずできることからやってみましょう。コツさえ覚えれば意外にも簡単かもしれませんよ!

エアコンの掃除を自分でする場合、一般的にはフィルター掃除がありますが、さらにその奥の「冷却フィン」を掃除する、エアコン洗浄スプレーというものがあります。

冷却フィンが汚れていると、エアコンの温度調節が上手くいかず、電気代も高くなってしまいます。ただ、エアコン洗浄スプレーを使って、自分で掃除をする場合、間違ったやり方をしてしまうと故障の原因になってしまいます。

ここではエアコン洗浄スプレーで掃除するためのコツと注意点を紹介したいと思います。

エアコン掃除はやり方を間違えると、カビの温床になることも!

まずはフィルターを外しましょう。フィルターを外すと、その下にあるのが冷却フィンです。汚れがひどい時は、まず掃除機でホコリを取り除きましょう。

次に、洗浄スプレーで掃除する場合です。冷却フィンの周辺は触ってはいけない部分や、水がかかってしまうと故障してしまう部分があります。ラップで覆ったりして、絶対にスプレーがかからないようにしましょう!

こんな感じの商品が売っているので、自宅でお掃除する時には便利ですよ☆
↓ ↓ ↓
チェック

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

壁掛用 エアコン洗浄カバー KB-8016/洗浄シート/クリーニングシート/
価格:1870円(税込、送料無料) (2018/6/5時点)

そして、終わったあとは十分に乾燥することが大切です。水分が残っていると、故障の原因にもなりかねません。

ただどうしてもスプレーの薬剤がエアコンの内部に残ってしまい、これがカビの栄養源となって、カビが増殖してしまうこともあります。水で洗い流すことで、残りにくくすることはできますが、香料なども流れてしまい、消臭効果が発揮されない場合もあります。

最近は、少し高価ですが、洗浄液にカビの栄養源となるものが含まれていないスプレーも出ていますすので、検討してみてはいかがでしょうか。

私のおすすめはこちらです。自宅でエアコン掃除を行う時に必要な物が1まとめになった物です。

スポンサーリンク

エアコン掃除は業者に頼む?時間と体力が決め手!クリーニング業者に依頼する方が安心!?

自分でエアコン掃除をする場合、エアコン本体の掃除のほかに、必要なものがあります。

それはズバリ時間体力です。

まず、汚れが飛び散って、部屋が汚れないようにビニールでエアコンを囲ったりする準備つまり養生に、かなり手間と時間がかかります。それから、エアコン本体の掃除。水に濡れると故障の原因となる部分が多いため、かなり神経を使った作業となります。それが終わったら、片付けと、完全に1日は潰れてしまいます。

そして、エアコンは高いところにあるため、脚立や踏み台等の不安定な場所での作業となります。それに加え、常に上を向いての作業となるので、きっと次の日は筋肉痛となること間違いなしです。

時間に余裕を持って、しかも体力に自信のある方は、ぜひチャレンジしてみてください!

でも、やっぱり時間的にも体力的にも、自分には無理かも?と思ったら、クリーニング専門業者に任せましょう! 数万円の出費にはなりますが、確実にキレイになります。2〜3年に一度は専門業者に依頼すると良いと言われていますので、一度、クリーニング専門業者に依頼して、クリーニングを行ってもらい、あとは自分でこまめに掃除する。というのも、エアコンを長持ちさせる秘訣かもしれません。

エアコン掃除やりかたまとめ

エアコンの掃除は、コツを覚えれば、ご自分で掃除をすることも難しくないと思います。
費用も安く抑えられ、達成感も得られます! しかし、故障リスクもあります。また汚れがひどい場合は、スプレー洗浄液や汚水が残ってしまう可能性もあります。さらに時間と体力も必要です。
洗浄スプレー代、養生にかかる費用、そして時間と体力。総合的に考えて、自分でするのか、業者に任せるのか、十分に検討しましょう!

よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。