ロタウィルスワクチンの種類と、予防接種の副作用と注意点について解説

こんにちは、管理人のあおいです(^^)

赤ちゃんや小さな子供が感染すると激しい嘔吐と下痢の症状を引き起こすロタウィルス。
 
重症化すると脳炎や脳症を引き起こすこともあるという、怖い感染症でもあるロタウィルスですが、任意の予防接種があります。

しかし、2種類のワクチンの違いや副作用が気になりますよね?

 今回はロタウィルスワクチンの種類、副作用や接種後の注意点を解説していきますね。

スポンサーリンク
  

ロタウィルスワクチンの種類について

ロタウィルス予防接種の種類

赤ちゃんや小さな子供が感染すると命に関わる可能性がある恐ろしいロタウィルス。

日本では2011年から任意でのロタウィルス予防接種が受けられるようになりました。

現在では予防接種には『ロタリックス』と『ロタテック』の2種類があります。
それぞれ接種回数と期限が違うのです。

『ロタリックス』

・接種回数 2回

・接種時期 生後6週〜24週までの間に2回接種する必要あり

『ロタテック』

・接種回数 3回

・接種時期 生後6週〜32週までの間に3回接種する必要あり

ロタリックス、ロタテックともに種類は違うのですが、効果は同じですよ。

また、接種回数が2回と3回で違いがあるのですが、気になる費用に関しては同じです(^^)

ロタリックス、ロタテックは両方とも1回接種したら、約1か月は接種することができません。

赤ちゃんは他の予防接種との兼ね合いもあるので、3回接種のロタッテクよりも2回接種のロタリックスを選ぶママが多いようです。

また、効果の持続期間にも違いがあり、2回接種のロタリックスよりも3回接種のロタテックの方が効果の持続期間が長いとの報告も出ています。

 私も2回接種のロタリックスを選びましたよ。予防接種のスケジューリングは、なかなか複雑で新米ママには難しくもあるので、かかりつけの小児科で確認して下さいね。

ロタウィルス予防接種の副作用とは

 では、実際にロタウィルスの予防接種を受けた後に考えられる副作用について紹介します(^^)

接種後に出るかもしれない副作用について、知っている事はとても大切です。

心の準備も出来ますし、いざという時に慌てずに対処する事が出来るので、ママの為にも赤ちゃんの為にも頭に入れておきましょう。

下痢

ロタウィルスの予防接種は生ワクチンで、毒性をなくしたウィルスや病原菌を体内に入れ増殖させることによって免疫を付けます。

その為、免疫力の弱い赤ちゃんや小さい子供は毒性を無くしたウィルスや病原体でも、ロタウィルスと同じような症状が出てしまう事もあります。

その中でも特に起こりやすい副作用が下痢症状です。

服用した後に下痢の症状が出た場合は、大体1〜2週間続くことがあります。

嘔吐

ロタウィルスの代表的な症状である嘔吐も予防接種の副作用として起こる場合があります。

実際にロタウィルスに感染した時と同じような激しい嘔吐はありませんが、ミルクや母乳を吐き出してしまう事があります。

スポンサーリンク

副作用の嘔吐は2〜3日すれば自然と治まるので過度に心配する必要はありませんが、何日も続く場合や激しい嘔吐が見られたら、早めに病院に行きましょう。

ぐずり

予防接種の副作用として最も良くある症状です。

特にロタウィルスは生ワクチンで、直接菌を身体の中に入れるので、敏感な子供の身体は不快感からぐずりや不機嫌の状態が続きます。

中には寝つきが悪くなる子もいます。

この症状もしばらくすれば落ち着くので、過度な心配はせずに穏やかな気持ちで子供に向き合いましょう。

咳や鼻水

ロタウィルスの予防接種後に咳や鼻水などの風邪症状の副作用が出る場合があります。

しかし、気にするほどの症状ではないので気が付かない事も考えられます。

この副作用も1〜2週間で治まるので、過度な心配はせずに様子をみましょう。

 どの様な副作用は起きても、慌てる事なく冷静に対処してあげましょうね(^^)

特に酷く、心配な様であればワクチンを接種したお医者さんに相談してみる事をお勧め致します。

ロタウィルス予防接種の注意点

 ロタウィルスのワクチンを接種した後に注意して頂きたい事をいくつかご紹介させて頂きます(^^)

・接種直後は重いアレルギー症状が出る事があるため、帰宅せずに小児科で待機して様子をみてください。

先生からも直接指導があるかと思いますが、接種後30分は安静にして下さい。

 ・ワクチン接種後1週間程度は便中にウイルスが排泄されますが、排泄されたウイルスによって胃腸炎を発症する可能性は低いことが確認されています。

念のために、おむつ交換後などワクチン接種を受けたお子様と接した際には手洗いをするなど注意して下さい。

特にご家族の中で免疫系に異常のある方がいる場合には、ワクチン接種を受けたお子様と接した後の手洗いを徹底するなど衛生状態に注意して下さい。

・母乳の摂取などを含め、その他の日常生活はいつも通りに行って大丈夫です。

・当日はいつも以上に興奮させないでください。

健康状態の観察を行い、体調の変化に十分注意して下さい。高熱、けいれんなどの異常な症状がみられた場合は、速やかに医師の診察を受けるようにしてください。

 
 他にも、もしワクチンを受けた小児科で指導された注意点があれば、しっかりと守って下さいね。

ロタウィルス関連の記事はこちら☆

ロタウィルスは大人も感染するの?症状や治療法について解説

ロタウィルスの赤ちゃんの症状と治療法は?感染時の注意点を解説!

ロタウィルスの予防接種は受けるべき?費用と効果について解説

まとめ

 ロタウィルスワクチンの種類、副作用や接種後の注意点についてまとめましたが、いかがでしたか?

ママは子供の予防接種を受ける前に、しっかりと医師から副作用についての説明を聞いておきましょう。

また、予防接種後気になることがあれば、すぐに相談できるようにしておくと安心ですよ。

 よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。