折り紙で子供に簡単なえんぴつ.色鉛筆の折り方。入学式.入園式シーズンにピッタリ♪

こんにちは、折り紙男子のママあおいです。

4月の入学式.入園式にピッタリな折り紙「えんぴつ.色えんぴつ」の作り方をご紹介します☆

小さな子供にもカンタンに折れて、男の子も女の子も喜ぶ作品です。

カラフルな鉛筆を作って心ウキウキで新学期を迎えましょう♪

スポンサーリンク

折り紙で子供が簡単に作れる♪男の子.女の子が喜ぶ可愛い作品

本日は、4月の入学式や入園式を迎えるシーズンにぴったりな作品をご紹介します。

折り紙1枚で小さな子供でも簡単につくれる「えんぴつ.色えんぴつ」ですよ(^^)

色んな折り紙を作って沢山折れば、カラフルな鉛筆が楽しい気分にしてくれます☆

名前を書いてネームプレートとして使っても良し、顔を書いて可愛くしあげても良し。

子供の作る折り紙の作品なので、想像力を膨らませて楽しい夢いっぱいの作品を作ってみましょう!!

用意する物はお好みの折り紙1枚だけ。

 折り方も単純で、折る回数も少ない、とっても簡単ですよ(^^)

ぞれでは、具体的な作り方いってみましょう♪レッツ折り紙~~!!!!

折り紙のえんぴつの簡単な作り方

では、早速「鉛筆、イロ鉛筆」の作り方を紹介していきます。

1.好きな色の折り紙を一枚用意します。

2.半分に折り目を付けて広げます。

3.3分の1ずつになる様に折ります。あらかじめボールペンで3分の1にあたる部分にママが点を書いておいてあげれば子供でも簡単!

4.上だけ開きます。

5.開いた方を少しだけ折ります。この幅は大体でオッケイですよ。

6.裏返したら、真ん中の折り目に沿って写真の様に折りましょう。

7.白い部分の縦の折り目に沿って中心に向けて折り、端は差し込みます。

8.表に戻したら完成です!

どうでしょうか、簡単に出来ましたよね(^^)

分かりにくい場所は、ママが少しだけヒントをあげたり手伝ってあげましょうね!

スポンサーリンク

折り紙の色鉛筆の折り方 かわいいのでしおりや名札に最適!?

ご紹介した、エンピツの作り方は単純で折る回数も少なめですので、幼稚園児や未収園児のこどもにも易しい折り方となっております。

もしも、少し難しい場合にはママが少しだけ手助けしてあげると良いですよ(^^)

管理人あおいの持論!?になりますが。

子供との折り紙タイムで大事なのは、子供自身が「自分で作れた!!」って達成感を与えてあげる事だと思います。

難しい作品に取り組んで、親が手出ししまくるよりは、低レベルの難度の作品を子供自身で作る事が良いんじゃないでしょうか☆

なので、我が家では、少しはみ出しいても、折り目がずれていても「○○ちゃん、上手ーーーー!」って褒めてあげながら見ていてあげてます。

さてさて、今回にえんぴつなんですが。

適度な大きさがありますし、ひろがったり崩れたりしないので、名札とか本のしおりなんかにも使えそうですね(^^)

管理人あおいは、息子たちに絵本の読み聞かせをしていて中断する時に、この鉛筆しおりを挟んでおります。

鉛筆の頭の部分が少し飛び出す様に挟んでます☆

なんて事ない使い方なのですが、自分で作った作品が役に立ってる感が伝わるので息子喜んでおりますよ。

作ったらポイじゃ、寂しいですので、何かしらに利用したい場合にはオススメですよ。

☆他にもおすすめ折り紙あります☆


☆男の子おすすめ折り紙☆

折り紙で子供が簡単なえんぴつ折り方のまとめ

今回は、入学,入園シーズンにぴったりな色えんぴつ&鉛筆の折り方をご紹介しましたが、いかがですか?

折る回数も比較的少なく、単純な作り方ですので、小さなお子様でも比較的作りやすいのではないでしょうか??

ぜひ、親子で楽しい折り紙タイムをしてみて下さいね☆

今回の記事が、皆さまのお役に立てれば幸いです、、、♪

よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。