母の日の説明を子どもへ.意味と由来を子供向けに伝える方法

こんにちは、管理人のあおいです。

本日は、小さい子供へ『母の日とは何か?』意味や由来を分かりやすく説明する方法をご紹介します♪

子供でも理解できるレベルにかみ砕いて教えてあげられる様に解説していきますね。

スポンサーリンク

母の日の説明を子どもに伝える前に、まずは大人が知ろう!

母の日は毎年5月の第二日曜日ですね☆毎年この時期は、お母さんに何を贈ろうか頭を悩ませてしまう管理人あおいです☆

ごくごく自然に、母の日=お母さんに感謝を伝える日として、認識していたあおいです。恐らく世の中のほとんどの方も、そんな感じだと思うんですよね。

でも、長男に「母の日って何?何でママにお礼するの?」なんて改まって聞かれた時に、『さて、何でだろうね~、、、』とあやふやな感じでした。大人だと、ごく普通に受けいれている母の日です。でも子供は『何で?』って感じるものなんですね~。

とりあえず、大人がきちんと母の日の起源や由来、意味なんかをきちんと知っていないと、咄嗟に答えられないですよね。なので、まずはパパ&ママ向けに『母の日って何?』の勉強をしていきたいと思います☆

次の章では、大人向けに母の日の発祥について解説していきます!!

意外と大人も知らない母の日の由来。思わず『へ~!そうだったんだ☆』って、思いますよ(^^)大人向け解説ですが、かなり分かりやすく簡単に解説していますのでザッと意味を知りたい方におすすめです。

母の日の意味と由来

では、早速母の日について説明していきましょう(^^)サクッと簡単に説明してみました。

そもそも母の日が、5月の第二土曜日に定着したのは、アメリカのある女の人が起こした運動からだって言われているんですよ。

社会活動に熱心に取り組んで、平和を願って敵味方は関係なく多くの兵士たちを看病していた母親が亡くなりました。

娘がその母を追悼して貢献を称える為に「母の日」制定の為に動いたのです。そんな行動が実を結び出来たのが『母の日』って訳なんですね。

1915年にアメリカで『母親の為の記念日』として誕生する事になりました。これが母の日のスタートです☆

とっても偉大で素敵なお母さん、亡くなった後でも尊敬し大切に思う気持ちがあってこそ『母の日』が出来たんですね~♪そして、今では世界中に広がって、毎年お母さんに感謝する日として定着して行きました。

かなりザックリ簡単に解説してみましたが何となくイメージは沸きましたか???とは言え、これを幼稚園児や小さい子供に伝えるには少し難しいかも!?まだまだ小さな子供には、更にかみ砕いて説明してあげる必要がありますね☆

次の章では、子供向けに母の日の説明の仕方を紹介してみます☆ぜひ、参考にしてみて下さいね~♪

スポンサーリンク

母の日の由来を子供向け.保育で教えるならこんな伝え方はベスト!

先ほどの章では、母の日の起源や意味を説明しました。次は、それを子供に分かりやすく説明する方法をご紹介していきます☆

どんな伝え方であっても1番のポイントとしては『大好きなお母さんに、いつもありがとう!って感謝の気持ちを伝える事』が子供に理解できる事だと思います。

それを踏まえて、いくつか例文を☆いいなと思う物を各ご家庭でアレンジしつつ使ってみるのも良いかと思いますよ~♪

例文1

〇〇ちゃんのママは、いつも美味しいご飯を作ってくれたり、遊んでくれたりするよね?

でも、ありがとうってママに言えている?きっと、そうじゃない時もあるよね?

だから、母の日にはいつも伝え忘れちゃっている『ありがとうの気持ち』をきちんとママに伝えてあげる日なんだよ☆

〇〇ちゃんから「ありがとう」を言われたママは、きっと嬉しくてもっと優しいお母さんになっちゃいかもね!!!

例文2

母の日っていうのは毎年5月にあるんだけど、1年分の『ママ大好き!いつもありがとう!』を感謝いっぱいに伝えてあげる日なんだよ☆

1年に1回、〇〇ちゃんからパワーを貰ってママはまた元気になって、毎日ママのお仕事を頑張れちゃうんだよ♪

きっとパワー満タンになったお母さんは、もっと美味しいお料理を作ったり、〇〇ちゃんと沢山お出かけしたりしてくれるよ。

例文3

母の日が出来た理由はね、昔アメリカお女の子がママに感謝してカーネーションのお花をあげたのが始まりなんだよ。

それが、長い時間をかけて日本にも伝わったのが『母の日』なんだ。毎年この日は、子供がママにありがとうと大好きを伝えるチャンスなんだ♪

〇〇ちゃんもママにいっぱい『大好き!』と『ありがとう!』を伝えて喜ばせちゃおう!!絶対にママ喜んでくれるはずだよ。

こんな感じですかね☆実際に母の日が出来た理由やアメリカのエピソード等は、小さい子供には少し難しいので省いて、母の日はこんな日なんだよ~って事が漠然と伝わればOKかと思います。

ぜひぜひ、各ご家庭でぴったりな伝え方で子供に説明してあげて下さいね。

ちなみに、母の日にカーネーションを贈る時には花言葉もきちんとチェックするのがおススメです!知らないとヤバいかも!?

↓ ↓ ↓
要チェック

母の日の説明(子供.保育向け)まとめ

本日は、母の日について、小さい子供向けの説明の仕方をご紹介させて頂きました。

補足として、大人向けにも詳しい説明も加えてみましたが、子供にはきっと難しいのでサラッと大事なポイントに絞って説明してあげると良いですよ☆

ぜひ、参考にしてみて下さいね♪

よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。