インフルエンザ予防接種の効果と副作用について解説!受けるべきなのか?

こんにちは、管理人のあおいです。

 毎年冬になるとインフルエンザが大流行します。
10月に入ると、小児科や病院でインフルエンザの予防接種の受付を開始します。

 しかし、最近では「インフルエンザの予防接種を受けても感染した!」とか、
「インフルエンザの予防接種には意味がないし、副作用がある!」なんて情報を耳にしませんか?

 今回は、インフルエンザ予防接種の効果や副作用について解説していきます。
それらを良く理解した上で、受けるべきか受けないべきか判断して下さいね。

スポンサーリンク
  

インフルエンザ予防接種の効果とは

 インフルエンザの予防接種にはどの様な効果があるのか、きちんと理解していますか?
毎年同じ時期に受けているものの、詳しくは良く分からないという人も少なくありません。
というか、私自身もそうでした。受ければインフルエンザには感染しないものだと思っていました!
実はそういう訳でもないのです。そういう事なのでしょうか???

厚生労働省のHPでインフルエンザ予防接種の効果はこの様に記載されています。

・感染後に発病する可能性の軽減
・インフルエンザにかかった場合の重症化を防ぐ

 私自身も見てびっくりしました!そもそも感染を防ぐものではないのですね。
もし、感染してしまった場合にひどくならない為にするというものだった様です。

それであれば、予防接種を受けたがインフルエンザになった!という声も納得出来ますよね?
完全に感染を防ぐものではなかったとしても、これだけ毎年流行するインフルエンザですから受けて損はないと思いますが。

 

 では、いつ頃からワクチンの効果が出るのでしょうか?

・インフルエンザワクチンの予防効果の持続期間

インフルエンザワクチンの効果の発現と持続時間には個人差があります。
一般にはインフルエンザワクチン接種後2週間目頃から5カ月間程度効果が持続するとされています。
インフルエンザの流行期間中は効果を持続させたいと考えた場合、10月中盤から11月前半には予防接種を済ませるのが理想的ですね。

 お子様が保育園や、幼稚園など集団生活をされているご家庭は感染の可能性も高いですし早めの対策をお勧めします!
もちろん、会社や仕事場での集団生活や満員電車も例外ではありません。
子供だけではなく、大人もきちんと予防接種を受けましょうね。

インフルエンザ予防接種の副作用とは

 インフルエンザ予防接種を受けるに当たって、副作用が気になる方も多いと思います。
特に小さいお子様に受けさせるか迷っているママは、心配になってしまうのではないでしょうか?

では、実際にインフルエンザの予防接種を受ける事によって、どの様な副作用が考えられるのか解説していきます。

・接種箇所の腫れ
インフルエンザの予防接種で良く見られる副作用は、接種した場所が赤く腫れてしまう事です。
軽い痛みを伴う場合もあります。受けた人の10~20%程の人に起き、通常2~3日で治ります。

・発熱
発熱、頭痛、寒気、だるさ等が起きる人もいる様です。
受けた人の5~10%程の人に起き、通常2~3日で治ります。

スポンサーリンク

・アナフィラキシーショック
こちらは滅多にありませんが、ワクチンに対するアレルギー反応としてアナフィラキシーショックを
起こす事もあります。
予防接種後にすぐ起きる事が多い為、受けた後20分程は院内で様子を見る様に指示されるのはこの為です。

主な副作用は上記に挙げたものになります。
これらの副作用を避ける為に、予防接種を受けないという選択をするか?
それよりもインフルエンザへの対策を大切と考え、受けるという選択をするか?
良く考えて決めてみて下さいね。

 ちなみに我が家では、毎年インフルエンザの予防接種を子供に受けさせていますよ。
昨年は元旦に里帰り中に、私の兄がインフルエンザを発症しました。
何日も同じ家で生活していた割には子供は移る事なく、無事に自宅へ帰る事が出来ました。

 今年も幼稚園で流行する事が予想される為、もちろん受けさせようと思っています。

インフルエンザ予防接種は受けるべきなのか?

 ここまでで、インフルエンザ予防接種の効果と副作用について解説してきました。
大体は理解出来たものの、では実際受けるべきか?受けなくても良いものか?悩むところですよね。

 家族全員で受けるとなると、軽く2~3万は費用が発生します。
絶対に感染しない訳でもない上に副作用があるかもしれない。と、考えると迷う方もいると思います。

私個人の意見になってしまいますが、やはりインフルエンザの予防接種は受けた方が良いと思います。

 もし、感染してしまった時に少しでも軽い症状で済んだ方が絶対に良いです。
万が一でも重症化して入院や、後遺症が!なんてリスクを考えたら数万円のリスクなど安いものです。
特に母親としては、自分の子供がインフルエンザで苦しい思いをするなんて考えられません!

 家族が多ければ、誰か1人が感染してしまえば家庭内感染だって起こり得ます。
家族の健康に勝るものはないと思います。予防接種を受ける事でリスクが減るのであれば、ぜひ受けましょう!

 もちろん、小さいお子様は泣いて嫌がるかと思いますが、子供を守れるのは親ですからね!
ぜひ、皆さんも本格的な流行シーズンを迎える前に、万全の対策をしましょう。

インフルエンザ関連記事はこちら☆

赤ちゃんのインフルエンザ予防接種について。母乳で免疫効果は?副作用はある?

インフルエンザの子供を看病する時のポイントを紹介!食事や過ごし方を工夫しよう

インフルエンザで子供の初期症状とは?風邪と違う点と受診目安について

インフルエンザ予防で効果的なのは手洗いとアルコール除菌!免疫力も上げるべき理由

まとめ

 今回はインフルエンザ予防接種の効果と副作用について解説しましたが、いかがでしたか?
色んな意見があるかと思いますが、きちんと考えて受けるか受けないか決めてみて下さいね。

よろしければポチッとお願いします(^_^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。