芸人の出待ちで写真を撮るには?ルールとマナーを初心者向けに解説!

好きな芸人と話したい、ファンレターを贈りたい、そういう願望は誰にでもあるものです。
しかし、出待ちというのはやり方によっては迷惑な行為になってしまう事も。
芸人によっては人と話すのが苦手な人もいますし、ライブ会場などによっては明確に禁止とされています。

芸人は好感度が大事なので、出待ちのファンに対して冷たくすることはあまりありません。
ですから、その芸人本人や会場がダメと言わない限り出待ちは必ず発生します。
これは、全てファン同士のモラルやマナーによって成り立っています。

また、写真は原則禁止です。
直接声をかけて了承を得ない限り、写真を勝手に撮るのは肖像権という権利に違反します。
最悪の場合は裁判になってしまう事もあるかもしれないです。
初心者を含め、最近はそういったモラルやマナーの意識が薄く、困っている人も多くいます。
何度も出待ちをしているからマナーはある、と思い込んでいる人も初めて出待ちをする方も、一度考え直しましょうね。

スポンサーリンク

芸人の出待ちで写真を一緒に♡やり方はある?

芸人の出待ちで最も困るのが写真です。
芸人に限らず、全ての人には肖像権という権利があります。
簡単に言えば、許可を得ずに勝手に人の写真を撮ったり、それをSNSにアップしてはいけないという決まりです。

皆さんは、芸人にちゃんと声をかけて「写真を撮っても良いよ」と言われていますか?
道端ですれ違う時もそうですが、許可を得ずに写真を撮るのはマナー違反です。
マナーどころか、最悪の場合は肖像権の侵害として裁判になる可能性もあります。
「有名人なんだから撮られて当たり前」などと思わず、キチンと法律を守りましょう。

どうしても一緒に写真を撮りたい場合は、必ず本人に了承を得ましょう。
キャーキャー叫ぶのではなく、直接「写真を撮らせてください」とお願いする必要があります。
ここで「良いよ」と言われて初めて、写真を撮って良いことになります。
「ダメ」と言われたら素直に諦めましょう。

また、写真を嫌がる芸人に無理矢理カメラを向けるのは失礼です。
ファンの出待ちがエスカレートすると、出待ち自体が禁止になります。
ファン全員が正しいマナーとモラルを持たなければ、二度と芸人に接することができなくなると思いましょう。

芸人出待ちのルールとマナー、迷惑をかけない気遣いが大事。

皆さんは芸人を見る為に、ライブ会場や運営、芸人にお金を払っています。
芸人はその会場でライブをする分のお給料しか貰っていません。
出待ちというのは、皆さんで言えばサービス残業です。

皆さん、残業は好きですか?嫌いですよね。
芸人の方はそのサービス残業をしてくれています。
ファンに優しくするのは当たり前、などと間違った考えは捨てて、芸人の方に感謝するようにしましょう。

最近では出待ち=サービス残業という考えが分からずに迷惑をかけるファンもいます。
勝手に優しい対応を期待しておいて、少しでもそれより対応が悪いとSNSに悪口を書き込む人もいます。

このようなことが続けば、出待ち自体が禁止になります。
出待ちはただでさえグレーゾーンな行為です。
せめて迷惑をかけないように、皆さんの配慮が必要です。

スポンサーリンク

芸人の出待ちでプレゼントや差し入れはOK?

出待ちでのプレゼントや差し入れは禁止されている事もあります。
危険物の持ち込みや接触に繋がるので、もし渡す場合は大丈夫なのか確認してからの方がおすすめです。
会場によっては受付で差し入れなどを預かってくれます。
そういったサービスを利用して間接的に渡すのがルールです。

例えば、プレゼントと見せかけて危ない物が入っていたらどうしますか?
芸人の身に危険がありますよね。
そういった事態を避ける為に、直接何かを渡すという行為は明確に禁止されています。
受け取ってもらえなかったからとスネたりせず、マナー違反をした自分を反省しましょう。

芸人の出待ちで繋がりを作りたい!連絡先を渡しても大丈夫?

芸人との繋がりを作るには、何度も何度もライブに通って顔を覚えてもらう必要があります。
連絡先もプレゼントなどと同様に、危険な物が入っている可能性があるので直接渡せない場合もあります。
花束でも連絡先のメモでもそうですが、芸人に直接物を渡せる機会は珍しいと思っておきましょう。

何度も通って顔を覚えてもらって初めて連絡先を渡すことができます。
この時も、LINEの「ふるふる」などを利用してしまうと周囲のユーザーにまで芸能人のアカウントが知られてしまいます。
通信による連絡先の送信は避け、メモや口頭で教えましょう。

ファンレターに連絡先を書くのも有効な手段ですが、そのファンレターはまずマネージャーなどの関係者に届きます。
芸人に何かあってからでは遅いので、必ず中身を見られます。
その際に連絡先を見られても良いというのであれば、手紙に連絡先を書きましょう。

まとめ

いかがでしたか?
出待ちは場合によっては迷惑な行為なので、原則として禁止されている事も多いです。
ファン同士のマナーによって成り立っている、見逃してもらっているだけなので、迷惑をかけるような行為は慎みましょうね。
それでは、今回のおさらいです。

・出待ちは原則禁止
・ファン同士のマナーによって成り立っているので、自分勝手なことはしない
・許可を得るまで写真を撮ってはいけない
・芸能人の対応に文句を言ってはいけない
・差し入れなどは運営側から渡してもらう

の5つです。

好きな芸人に直接会いたい、話したいという気持ちはとてもよく分かります。
しかし、それが苦手な芸人もいますし、次の仕事があるので出待ちをされると困る人もいます。
出待ちは全部禁止!と言われないよう、見逃してもらえるようにお行儀良くしましょう。
もし1人でも迷惑な人がいれば、その芸人の出待ちは2度とできなくなると思って注意して行動しましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。