ダイビング器材は買うべきか。レンタル料金の相場とメリット・デメリットは?

こんにちは、管理人のあおいです。
本日は、初心者ダイバーの方が最初に必ず疑問に思う事をテーマにしてみました。

 「ダイビング器材を買うべきか?」
 
 器材の購入について、迷う方は本当に多いと思います。
SHOPのSTAFFさんには買う事を勧められるし、先輩ダイバーさんには必要ないと言われるし。
情報がないだけに、自分で判断が付かずに困り果てている方を良く見かけます。

 今回は、レンタル器材という選択肢について詳しく解説して行こうと思います。

スポンサーリンク

  

ダイビング器材は買うべきなのか

 ダイビングライセンスを取りに行こうと申込みをしたら、SHOPで高い器材のセールスをされて困ってしまった。
あなたの体格だと身体に合うレンタル器材がないから、自分の器材を買うべきです!!!
自分の器材を買わないとダイビングツアーに参加出来ません!
レンタルは危険だし、自分の器材は快適だから持つべきです!!!

 色んなパターンはありますが、SHOPでは何かと器材購入を促してきますよね?
では、ダイビング器材って絶対に持っていないといけないのでしょうか???

 結論から言いますと、そんな事はありませんよ。
もちろん、自分の器材を持つ事によって確実に快適性も安全性も上がりますし、ダイビング自体も上達が早いです。
何より自分の器材の方がかっこいいし、アクティブなダイバーさんなら9割近くは自分の器材かと思います。
もちろん、私だって自分の器材を2セット保有していますよ。

 ですが、絶対に自分の器材じゃなくてはいけない!という訳ではなく、レンタル器材でライセンス取得する方も沢山います。
ダイバーになってからも長年レンタルのみで潜り続けている方もいます。

  人それぞれ、潜るペースもお財布事情も違います。器材の保管場所が確保出来ない場合だってあります。
器材の購入は、あくまで本人の自由!!私はそう思っております。

ダイビング器材のレンタル料金はどれくらい?

 今回は器材を購入する場合ではなく、レンタルする場合にポイントを絞って解説して行きましょう!

 では、実際に器材を借りるとレンタル料金はいくらくらいかかるのでしょうか?
これはSHOPによって値段設定がバラバラの為に、一概には言えないのですがフルレンタルで大体5000円から1万円くらいになるのでしょうか?
もしくは、完全にレンタル料金無料で行っているところもありますし、1万円を超えてくるところさえあります。
値段に関しては幅が広すぎるので、自分で様々なSHOPを調べて比べてみるのも手かもしれないですね。

 ダイビング器材には、マスク、スノーケル、フード、WETスーツ(もしくはDRYスーツ)、ブーツ、フィン、BCD、レギュレーター、メッシュバック、等など
沢山の物があります。この全てをレンタルする事をフルレンタルといい、先ほどの値段設定になってきます。
ですが、もし自分で所有している物が1つでもあれば、それは借りずに済みますよね?なので、その場合は合計金額から借りない器材の分の値段を引いた金額になります。

スポンサーリンク

 大切な事は、あくまで1日の値段であるという事です。2日潜れば倍になりますし、3日潜れば3倍です!!
この積み重ねがかなりの出費になりますので、コンスタントの潜る事を視野に入れているのであれば、1日も早く自分の器材を購入した方が結果的には節約になるのです。

 その様な事も考えつつ、検討してみましょう。

ダイビング器材レンタルのメリット・デメリット

では、レンタル器材を使用する事によるメリットとデメリットにはどんな事があるのでしょうか?

 まず、最大のメリットとしてあげられるのは、ダイビングをまだ続けられるか自信がない段階で高額な器材を購入する事なくスタート出来る事かと思います。
まずはレンタル器材でダイビングを体験してみて、続けていけると自分で確信してから器材を購入する事が出来るので安心です。
更に、毎回器材も持ち歩いたり郵送をする手間がかからないので、身一つで参加出来る手軽さも魅力ですね。

それに対してレンタルを使用する事のデメリットも存在します。
各SHOPでは沢山のレンタル器材を所有しているとはいえ、必ずしも毎回自分にピッタリの良い器材ばかりがあたる訳ではありませんので、ときにより少しサイズが大きめ、もしくは小さい物を着用する事で不快感が生じる事も少なくありません。
WETスーツやブーツなど、身体に直接触れる物にい関しては衛生的にも気になる方も多いです。

そして一番のデメリットは、器材トラブルです。所有するSHOPがきちんとレンタル器材のメンテナンスを行っていたとしてもです。
毎日毎日、不特定多数のお客さんに使用されるレンタル器材は当然劣化が早く生じてきます。
私もレンタル器材の故障やトラブルを何回も目の当たりにした事があります。
MY器材に比べると器材トラブルの発生する確率は確実に高いと思います。

ダイビングにおいては、器材ありきのレジャーになってきますので、器材の安全性が1番大事です。
自分の器材を持ち、定期的にメンテナンスを行い使用する事、自分の体に合うMY器材を毎回使用し続ける事で早い段階で器材コントロールを身につける事で安全性も格段に上がります。

レンタル器材にも様々なメリット、デメリットが存在します。
そのどちらも理解した上で、ご自身が納得した方を選んで頂けたらと思います。

まとめ

 いかがだったでしょうか?
ダイビングを始めるにあたって、器材はどうしたら良いのか迷われている方の参考にしてみて下さいね。

筆者個人の意見としては、ダイビングにはMY器材がベストです。
ダイビングを続ける自信がまだ無い方は、数回レンタルを使用してみて、自信がついたらなるべく早い段階でMY器材を揃える事がいいかもしれないですね。

ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。