伊豆でダイビングライセンス取得なら秋がベストシーズン!その理由や見所を紹介。


 
こんにちは、管理人のあおいです。

 本日も引き続きダイビング初心者さん向けの記事を更新していこうと思います。

 「よし!ダイビングライセンスを取ろう!」でも、思い立った時には「夏は終わってしまったーー!」
そんな悲しい声をよく耳にします。しかし、ダイビングライセンスの取得は夏でなければいけないのでしょうか?

 今回は、近場なので比較的参加しやすい伊豆でダイビングライセンスを取得することについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

伊豆でダイビングライセンスを取るならいつが良い?

 ダイビングをこれから始めようとする人にとって、始めるならやっぱり夏でしょ!というイメージがあると思います。
確かに伊豆でもダイビングライセンス取得者が、一番多い季節は夏で間違いありません。
かと言って、一番快適に楽しくダイビングが出来るのが夏とも限らないのですよ♪

 伊豆におけるダイビングでベストシーズンがいつかと言われるとそれは少なくとも「夏」ではないのです。

 海の専門的な話しは後の項目でお話するとして、まずは分かりやすい例で説明してみましょう。

 夏は当然人が多いです。8月にもなれば、有名ダイビングスポットでもある伊豆は、どこもかしこも人!人!人!となる日だって多いです。

 更衣室も人だらけで着替えるにも一苦労、シャワーだって並びますし、もちろんトイレだって例外ではありません。
女性は時間もかかりますので、なかなか順番待ちが大変なんです!!!

 そして、混み合っているのは各施設だけという訳でもなくダイビング前後だってもちろん混雑しております。器材のセッティング場所の確保から始まり、
海に入る前にもエントリー待ちと言って、重い器材を全て装着した後で海に実際に入れるまでひたすら順番を待つなんて事も!
やっと海に入れたと思ったら水中まで人!人!人!?な、日も。

 まぁ、これはダイビングだけに限った事ではないと思いますが(^^)

 なので、初心者さんが焦る事なくのんびり快適にダイビングに集中出来るのは、混雑状況が落ち着いてきた秋頃だったりするのです。
秋といっても、まだまだ陸も過ごしやすい気温ですし、なんといっても水中は秋が1番素敵ですからね。

伊豆のダイビングは秋がお勧め!

 伊豆でライセンスを取得したいと思っている方には是非、陸では暑さが和らいだ過ごしやすい秋をお勧めします!
9月から10月末くらいを目安に取得を計画されることが特にいいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

 伊豆の海の季節感は一般にはあまり知られていないことなのですが実はこんな事実があります。
海の季節は陸上の季節とは2カ月遅れでやってくる!という事です。どういう意味なのでしょか?
これは、海水温の上昇が2か月遅れという意味です。なので、7月前半などの初夏だった場合は陸上はジリジリと暑くても、
実際水に入ってみたら水温はまだ5月頃!?なので意外に冷たくて、寒いーーーー!なんて事になってしまうのです。

と、いう事は9~10月の陸でいう秋の季節は暑さも和らぎ過ごしやすい上に、混雑具合も落ち着いて、更には海水温は7~8月で暖かなのです!!
これを知ったら、秋に伊豆でダイビングをしない手なんかないですよね!?

伊豆のダイビングベストシーズンが秋の理由

 伊豆のダイビングベストシーズンが秋!と言われる理由は、これまで説明してきた事だけではありません。

 暖流である黒潮が本州に最も接近する秋こそがベストシーズン!これって、どういう事なのでしょうか?
黒潮の接近により透明度が上がります!透明度とは、簡単にいうと水の綺麗さです。
海水中の浮遊物が減り濁りが少ない綺麗な透き通った海になるという事ですね。

 先ほどの説明の通り、海水温も高くなります。また黒潮の接近は熱帯、亜熱帯のカラフルで綺麗な魚たちを南の島から連れてきます。
南の島から海流に乗って流れてきた卵などが伊豆で育つのです。
ですから、秋になると伊豆の海はそれらの魚たちのおかげで沖縄やリゾートみたいにカラフルで華やかになっていきます。
 
伊豆でダイビングをやっている方はこれを知っているので、秋になってから本格的に潜り始める人もいるくらいなんですよ!
それくらい秋の伊豆の海は綺麗で面白いのです(^▽^)

まとめ

 陸の季節と海の季節、実は同じに見えて違うのは分かって頂けたでしょうか?
2ヶ月遅れで海の中が夏になるということは伊豆の海の夏は9月から!ということになりますね。

 夏休みが終わってしまい、ライセンス取得を迷っている方!全然手遅れではありませんよ。ぜひ思い切ってダイビングを始めてみてくださいね!!

ポチッとお願い致しますm(_ _)m
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。