ひな祭りの菱餅に色の順番はあるの?正しい飾り方と置き方の簡単解説

皆さんの家に、女の子はいますか?

女の子がいると欠かせないのがひな祭りです。

ピンク、白、緑の三色は、ひな祭りの色ですよね。

この3つは、菱餅の色です。

菱餅は、ひな祭りの飾りの中でも特に見栄えが良いですよね。

でも、菱餅の意味を知らない人って、結構多いんじゃないですか?

この記事で解説しているので、子供に聞かれても説明できるように、一度目を通してみてくださいね。

スポンサーリンク

ひな祭りの菱餅に色の順番や決まりはあるのか。

そもそも皆さんは、菱餅の色を正しく言えますか?

答えは、上からピンク、白、緑の順番です。

それぞれ、桃の花と雪、新緑をイメージした飾りなんです。

これは、雪の下に新芽が芽吹き、木の上に桃の花が咲いている春の情景を意味しています。

また、上からピンク、緑、白で飾ることもあります。

この場合は、雪の間から新芽が顔を出し、桃の花が咲いている情景です。

昔の人って、結構ロマンチストですよね。

最近では華やかさやインスタ映えを求めて黄色を入れたり何段も重ねることもあります。

ですが、ひな祭りはやっぱりピンクと白と緑の3つ。

この基本を押さえた伝統的なひな祭りの方が、インスタ映えよりずっとキレイですよ。

それと、どうしてこの三色なのか知ってますか?

元々、ひな祭りは中国から入って来たお祭りなんです。

中国ではひな祭りの時期に「母子草」という草を入れたお餅を食べていたんです。

でも、日本では「母と子を餅にして食べるなんてひどい!」と定着しませんでした。

その代わりに、ヨモギ餅を食べていたんです。

で、そのヨモギ餅と一緒に「菱」の実を入れた菱餅を食べていました。

最初は、ヨモギ餅と菱餅で緑と白の二色だったんですね。

で、明治時代にクチナシを入れた赤い餅が加わりました。

赤はおめでたい色、魔除けの色なので、自然と加わったんですね。

白の餅とクチナシの赤が混ざって、ピンク色なんですよ。

何となく飾っている菱餅ですが、実はしっかりと由来があるんですね。

菱餅の飾り方 市販品を素敵に飾るテクニック

最近では、菱餅は市販品を飾ることが多いですよね。

プラスチック製の菱餅を買って毎年飾っているお家も多いんじゃないですか?

でも、入れ物から出さずにポンと置いてしまうのはちょっとかっこ悪いですよね。

入れ物から出して飾ってあげるだけでも、かなり雰囲気が違います。

とはいえ、本物の食べ物の場合は剥き出しだと抵抗がありますよね。

最近では真空パック入りの菱餅も販売されているので、それがオススメです。

どうしても餅屋で本物の菱餅が欲しい場合は、3月3日の当日に少しだけ飾って、そのままおやつとして食べてしまいましょう。

それと、餅屋さんで注文する場合は早めに注文してくださいね。

餅屋というのは小さいお店が多いので、2月中旬頃にはもう予約がいっぱいになっています。

早めに注文して、キレイな菱餅をゲットしましょう。

菱餅の飾り方ですが、白い紙を敷いた菱台という器に乗せます。

菱台は2つで1つなので、菱餅も二つ用意しましょう。

菱餅ですが、上から4段目の左右に飾ります。

右大臣と左大臣の段ですね。

といっても、最近はお内裏様とお雛様だけの人形を飾るお家が多いですよね。

だから、菱餅を飾る場所も無いこともあります。

説明書を読んでその通りに飾るか、人形の傍に置くだけで大丈夫です。

飾らなくてもそう困ることはありません。

私の家も人形が大きすぎて三人官女までしかセットになっていないので、菱餅って見たこと無いんですよ。

五人囃子すらも無い人形セットだったので、菱餅も知らなかったんですよ。

スポンサーリンク

菱餅の置き方 雛飾りの何処に飾るか

菱餅は、2つで1つです。

7段飾りのひな壇の4段目に飾るものです。

右大臣と左大臣と同じ段の隅っこに一個ずつ置きます。

もし7段飾りじゃない場合は、説明書を見てみましょう。

人形の飾り方と一緒に、小道具の飾り場所も載っているはずです。

それと、一つ大事なことを書いておきますね。

雛人形は飾る位置が決まっています。

ですが、ひなあられや菱餅は厳密に決まっている訳ではありません。

7段飾りの4段目が正式なやり方ですが、7段飾りを持っている家は少ないです。

ですから、雛人形の傍に一緒に置いておくだけでも充分です。

最悪、飾らずに食べるだけでも良いですよ。

食べる時は、普通のお餅のようにぜんざいなどにしましょう。

菱餅は色はついていても味はほとんどありませんからね。

それと、食べる時は角をちぎりながら食べましょう。

ほら、「角が立つ」ってよく言うでしょ?

だから、角を無くしながら食べると縁起が良いと言われるんです。

ひな祭りの菱餅の色順番まとめ

いかがでしたか?

菱餅はとてもキレイですが、脇役なので飾る場所が分からない人も多いですよね。

そもそも、雛人形のセットに付属していないこともありますし。

それでは、今回のおさらいです。

・菱餅は上からピンク、白、緑

・菱餅は2つで1つのセット

・白い和紙を敷いた台に乗せ、7段飾りの4段目に飾る

・飾る場所が無いなら、人形の傍に置くだけでも大丈夫

・食べる時は、普通のお餅と同じように

の5つですね。

最近では、菱餅の代わりにういろうゼリーを販売することもあります。

どれも見た目がキレイで美味しいので、お子さんがあとで食べることを考えて購入するのも良いですね。

女の子の成長と春の美しさを祝って、素敵なひな祭りにしてくださいね。

よろしければポチッとお願いします(^^)
にほんブログ村 家族ブログ 明るく楽しい家族へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。